カードローン審査の通過率

MENU

カードローン審査の基礎知識

プロミスとアコムの看板

カードローンの申込みをする前に気になるといえば、カードローン審査ではないでしょうか。

 

『果たして自分の年収でお金借りる事できるのか?』『審査て在籍確認を会社にやっぱりするよな?』『もし、審査に落ちた場合は自分の信用情報に傷がつくの?』『将来的な住宅ローンの審査が不利になったりしによな?』気になる事はあげていけば、かなりあると思います。こちらのページでは審査にまつわる不安や審査通過の確立を上げる方法や審査にまつわる情報を紹介しています。

カードローンを利用するのに必要な年収とは?

カードローンは保証人や担保を必要としない。ローンの中でも比較的、審査に通過しやすいローンと言えます。大手の消費者金融サービスなどであれば、パートの方でも安定収入という条件を満たしている為。毎月安定したパート・アルバイト給料があれば審査には通過する事は難しい事ではありません。

 

実際に大手消費者金融が公開している利用者の割合で20%は学生や主婦の方であることが分かっています。申込する際に自分の収入の3分1までを意識して申込みの額を決めて行いましょう!

 

毎月、収入の入ってくる人の場合は所得が原因で審査に落ちることはありません。

 

他社からの借入が多数ある方が審査の通過率は難しくなります。借入先が複数ある場合は新規でカードローンを申し込むより一本化を検討しましょう!

 

参考:カードローンの1本化、おまとめローンについて

カードローン申込が会社バレしちゃうの?

カードローンの申込みを他人に知られたくないのは誰でも同じことです、普段毎日のように顔を合わせる職場の人に申込がバレると考えると審査への申込みは一気にナーバスになるのもわかります。

 

ですが、カードローンの審査の中で最も重要な職場への在籍確認はカードローンサービスとしても重要な審査項目の一つです。各社キャッシングサービスの在籍確認について紹介しています。

会社バレや家族バレを防げるカードローン

WEB完結で申込みから借入れまでを行えるカードローンを選択しましょう。

カードローンの審査をスムーズに通過しよう

スマホからカードローンに申込する女子

金融機関のカードローンは使い勝手がいいのですが、審査に通りにくいと言われています。確かに銀行系カードローンの審査通過率は3割から4割程度と言われていますし、大手消費者金融でも5割を切っています。

 

しかし、これらには理由があります。不必要に審査を怖がるのではなく、当たり前のことをすることで審査をスムーズに通過できます。

現実は厳しい

大手消費者金融の中には、アコム・プロミス・アイフルのような上場企業があります。これらの企業は営業内容の開示が義務付けられており、その中に「成約率」つまり審査通過率も含まれています。

 

その結果は驚くべきもので、一番高いアコムでも平成27年10月から12月で48.5%です。アイフルの27年12月は47.5%、プロミスの27年4月から12月は43.4%です。

 

これだけで驚いてはいけません。1週間の無利息期間ながら回数無制限で人気が高いノーローンは平成27年10月から12月は22.9%と低成約率です。他人事ながら商売が成り立つのだろうかと心配になるほどです。このノーローンが審査をしている新生銀行カードローンのレイクは、4割程度の審査通過率と言われています。いずれにせよ現実は厳しそうです。

どんな人が落ちるのか

しかし、どうしてそんなに多くの人を審査で落としているのでしょうか?

 

理由は簡単で「落とすざるを得ない」ためです。最近は携帯電話の支払遅延が理由で、信用情報に「事故情報」として載ってしまうことが多いです。スマホの分割払いを携帯電話の利用料金と一緒に支払っているためです。スマホの分割払いが信用情報の対象になっていることを知らない人は多いようです。

 

また、しばらく前から大学などの奨学金も信用情報の対象になりました。支払遅延が発生すると携帯電話同様に事故情報扱いです。奨学金の返済額は結構多額なので、就職できずにフリーターで生活している人は返済が滞っていることが多いようです。

 

実は同様の理由でクレジットカードの審査に落ちる人も増加しているようです。業界の人によるとベーシックなクレジットカードでも4割程度落とされている時期があるようです。

 

カードローンの審査はクレジットカードより厳しいので、成約率が落ちるのは当然でしょう。金融機関は支払遅延を起こす人を一番警戒します。事故情報があったら無条件で審査に落とされると考えて間違いありません。

事前の借入診断で気分は楽に!

とはいえ、自分がそれらの条件に合致していなければ心配無用です。消費者金融のWEBには事前借入診断が準備されている事ることが多いです。これで借入可能かチェックすることで随分と気が楽になります。

 

消費者金融の中には、かなり多くの情報を借入診断を受ける際に入力する事が求められる場合がありますが。大手消費者金融のプロミスやアコムの借入診断では入力の項目も少なく名前の記入の必要もない為おすすめです。まずは、大手消費者金融の借入診断に挑戦してみるのも一つの手です。

 

カードローンの契約の際には運転免許証などの身分証明書を提示する必要はありますが、融資限度額が少なければ収入証明書もいらないケースがあるほどです。大切なことは毎月支払うべきものは間違いなく支払うことです。これを守っていれば、希望する融資限度額は獲得できないとしても、審査で落とされることはまずないと言っていいでしょう。

カードローンの審査について

審査に落ちる人のイメージがわかれば、自分がそうならないように気を付けるだけでカードローンの審査に通りやすくなります。確かに消費者金融の審査通過率は見かけ上低いです。しかし、それには理由があります。金融機関に安全な顧客だと思われれば審査に通るのです。

 

審査に通る条件に当てはまれば、カードローンの契約を結ぶことは非常に簡単です。カードローン審査に通過するためには日頃の行いが大切なのです。

 

即日融資に特化したカードローンのご案内

こだわり条件で簡単検索!